洗濯石鹸を上手に使うコツ

entryimages_2_sekken-mania_08

洗濯するときに石鹸を使いたい…けど、今まで「使って手が荒れてしまった」とか「失敗してしまうかも」という悩みを持った方も多いのではないでしょうか。洗濯石鹸として使われることが多いのが粉石鹸です。

粉石鹸は水に溶けやすいのですが、水に溶けやすいとはいえ、溶けないこともあります。粉が中途半端に溶けてくっついてしまってダマになってしまい、洗濯物に付着したまま洗濯が終了して、干すときにビックリ!という経験がある方も多いのではないでしょうか。

実は粉石鹸は冷たい水ではその効果を十分に発揮することはできません。粉石鹸はお湯などで使用するほうが洗浄力を発揮します。しかし、洗濯に毎回あたたかいお湯を使うのは現実的ではありませんよね。

そういった場合はお風呂の残り湯を活用して粉石鹸での洗濯に活用したり、水で洗濯をする場合は粉石鹸をまずお湯で溶いてから入れたりすると良いでしょう。

粉石鹸が使いづらいという方は、液体石鹸もありますから、液体石鹸を使用すると良いでしょう。

最近はドラム式の洗濯機が増えてきました。しかし、ドラム式の洗濯機は洗濯水が泡だってしまうと泡立ちによって水があふれ出るのを防ぐため自動的に停止してしまいます。石鹸の一番の洗浄力が泡による洗浄なのですがそれがドラム式では無効ということです。

しかし、そういったことを考慮して作られたドラム式洗濯機に使用する用の洗濯石鹸も販売されてるのでそういったものを活用することで石鹸洗濯が可能ということです。