石鹸は泡立て方次第!ネットを使ってふわっふわに泡立てれば効果もアップ

entryimages_sekken-mania_09

石鹸の泡は汚れを包み込んで汚れを落とす役割があります。

石鹸は泡立てからが本領発揮です!

手を洗うだけでも泡立てることに意味があります。髪の毛を洗うにしても、顔を洗うにしても泡立てはとても重要です。きめ細やかな泡は指で肌をこすって傷つけてしまうような間違った洗顔を避け、肌へのダメージを抑えることができるからです!

石鹸を手につけて水を少し含ませてもヌルヌルするだけで泡立たないなんてことありませんか?石鹸が泡立ちづらいこともありますし、成分としてあまり泡立ちがよくない石鹸もあります。
そういった石鹸の場合でも通常の石鹸の場合でもトータルして泡立てとして便利なのが洗顔ネットです

洗顔ネットは、100円ショップや薬局などに売られている手のひらサイズのネットです。昔、小学校などの蛇口にネットに入れられた固形石鹸がぶらさげられていませんでしたか?
これもネットの原理を利用したものです。ただ単にぶらさげておくと便利だからというわけではなく、泡立てやすいという利点があったからなのです。

ネットに固形石鹸や液体石鹸を取り、水を含ませてこするだけでかなり泡立ってくれます。

ネットなら時間もかからずすぐにキメの細かい泡を作ってくれるので便利

石鹸は泡立てて使用することでそのキメ細かさや汚れを落とす感覚を実感することができるでしょう。
きめ細かな泡立てにはコツが必要です。

sekken-mania-com-how-to-whip-soap-middle-01

TINTAUNITA 4層構造オーガンジー泡立てネット【密度泡洗顔】

この泡立てネットは、オーガンジー素材(柔らかい生地)のネットに、さらに繊細なオーガンジー素材のネットを重ねた4重構造になっています。!

2種類の生地を二重に重ねたことにより空気を含んだ柔らかい良質な泡を作り出すことができるのでオススメです。