石鹸を使ってスキンケア?肌荒れ知らずになろう!

entryimages_sekken-mania_05

頭皮がなんだかかゆいな…と感じたり、いつも手荒れが酷かったり身体中の肌がカサカサ…だったりしませんか?それはもしかしたら界面活性剤によるものかもしれません。

界面活性剤とは合成洗剤や市販の一般的なシャンプーやボディソープなどに入ってる成分です。
実は一般的に使われている台所洗剤の中には法律で禁止はされていないものの毒性があると認められていたり、環境に悪いとされている成分が入ったものが多くあります。
それを使っているがために手が荒れたり、肌が荒れたりするのは当然のことのような気もしますね…。

実は合成洗剤の使用によって、食器や頭皮などに残ってしまった界面活性剤が体内に蓄積されるといわれています。

女性はその蓄積は子宮に大きな影響を及ぼし、それによって近年子宮内膜症になってしまう女性が増えていると言われているのです。
男性は前立腺に障害が出るとも言われています。これらの信じる信じないはありますが、それでもやはり身体にはよくない成分ということですね。

そこで石鹸に変えてみてはどうでしょうか。

石鹸には界面活性剤が入っていませんし、台所洗剤もシャンプーやリンス、洗濯石鹸や手を洗う石鹸などさまざまな石鹸が今は販売されています。なんと歯磨き粉もあるんですよ。
家の中の洗剤をすべて石鹸に変えることもできますし、もちろんすべて固形石鹸にしても良いわけです。

石鹸に変えて生活をしてみると手荒れやアレルギーから開放されるかもしれませんね。