洗いすぎ・使いすぎは危険!適切に使いたい石けんの正しい知識

sekken-mania-com-soap-right-knowledge-main

石鹸の洗いすぎや使いすぎに危険性はあるか?

多くの人が使用している石鹸ですが、使い過ぎや洗いすぎによってその危険性はあるのか?疑問に思っている方も多いのが現状です。

特に皮膚の疾患にかかっている方は、石鹸のこうした知識が無いとかえって悪化させるといった問題が起こるようになります。

今回はそんな石鹸の洗いすぎや使いすぎに関する注意点を紹介します。

石鹸には洗いすぎると人間の肌にある皮膚の油脂を落としてしまうといった問題があります。

sekken-mania-com-soap-right-knowledge-middle-01

石鹸で体や顔を洗うと、肌に良いと思って何回も使用する方がいます。

人間の皮膚には油脂が含まれており、この脂があることによって、人間の肌のキメが保たれています。人間の肌のキメは油なので、かさつきやすい人が、石鹸を必要以上に使用してしまうと肌荒れの原因になってしまうのです。

油脂の汚れを吸着して、水に溶かすのが石鹸の役割でもあるので、こうした石鹸の使い過ぎには注意が必要になります。

では、肌荒れの代表のニキビやアトピーの人は石鹸の使用を控えるべきなのかというとそうでは無いのです。こうした肌荒れの原因になっている人の場合は、肌荒れは肌の表面にいる、雑菌が一番の原因になります。

肌荒れを起こしている人は、普通の肌の人に比べて、肌の角質や雑菌が多い傾向があります。

この肌の雑菌を取り除くために使用するのが石鹸になります。それを取り除くには石鹸が不可欠なのです。

肌荒れが治らないと言って、洗顔の回数を増やす方がいます。ですが、これは肌の雑菌を落とすといった働きよりも、肌を保護している脂の方を多く落としてしまうといった事を引き起こしてしまうのです。

ですから、洗いすぎには注意が必要です。

もし、肌の荒れに対して、こうした問題が起こっている場合は、石鹸を使用して洗う回数よりも、石鹸の泡立ちを意識して洗顔をしたほうが良いのが大きな特徴になります。

泡がキメが細ければその分肌に負担をかけなくても充分落とすことが出来るのです。

石鹸の使いすぎによる肌荒れを防ぐ石鹸の有効成分

石鹸の使いすぎを防ぐということは、肌のキメや質に大きな影響を及ぼすといった事を解説しました。

では具体的にどのような成分が良い成分で、悪い成分なのか?それを含めて注意点を紹介します。

石鹸の良い成分とは、石油系の合成で造られた洗浄成分なのか?ラウリル~と言った成分は肌以外にも、髪の毛のキューティクルを傷つけてしまい肌荒れを引き起こすことが知られています。

また、石鹸にも質を保つために、防腐剤、香料といった、漢字のみの表記になっているものの購入が良くないのです。これは具体的にどういった成分が入っているか曖昧に表記をしているだけです。

肌に良くない成分も微量の場合はこうした表記にしている商品が多いので、それを避けるのが無難です。実際、石鹸はこうした防腐剤や香料が入っていなくても、その役割を果たすことが出来ます。

自分の肌の質にあった洗浄力を持つ成分の石鹸を選ぶのが一番大切

sekken-mania-com-soap-right-knowledge-middle-02

石鹸に使用されている脂の種類を確認するのが良いのです。何の油で作った石鹸なのか?その部分を基準に選ぶといいのです。

保湿成分が良いとされる油でホホバオイルやオリーブオイルと言った物や洗浄力が強い、ユーカリオイルと言った種類があります。

石鹸に使用されている油が何で造られるか、肌の相性を知れば、肌荒れを防いで汚れを落とすことが出来る石鹸を選ぶことが出来るのです。

アミノ酸を補給する良い自然成分は、はちみつ、馬油と言った油があります。この油は洗浄で落としてしまいがちな細胞の中に入っている肌の組織を作っているアミノ酸を補給してくれます。洗

浄によって開いてしまった肌のキメに入り込みます。保湿の良い効果を引き出してくれるのです。