シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い

entryimages_sekken-mania_25

最近シリコン入りやノンシリコンといったシャンプーを耳にする機会がありませんか?ノンシリコンシャンプーが今とても注目されていますよね。
前回の記事で私のお気に入りのオーガニックシャンプーをご紹介しましたが、これはノンシリコンシャンプーです。

でも、ノンシリコンって…なに?という方の方が多いのではないでしょうか。シリコンが入ってるものとそうでないものの違いをご紹介したいと思います。

通常のシャンプーにはほとんどの場合、シリコンが入っています。シリコンというのは髪に艶を与えて手触りや指通りをよくするのですが、悪く言ってしまえばそれはごまかしです。髪の毛の傷んだところに入りこむわけではなく付着して髪の毛の艶を演出してるだけです。

ですから、傷んだ髪をコーティングして艶を出してる、といった感じなのです。

さらにシリコンは地肌に付着しやすいので、すすぎが足りないと毛穴がどんどん詰まっていき痒みや抜け毛の原因になったり、髪の毛をコーティングしてしまうのでその上からトリートメントを使ってもあまり意味がなく効果が薄れてしまったりします。

ダメージヘアがいつまでも改善されないのはこういった原因も考えられるのです。

しかし、ノンシリコンシャンプーはシリコンが入っていないので、コーティングすることがありません。
髪の毛をそのままの状態で洗えるので、ノンシリコンで汚れや余分な脂性を洗い流して髪の毛のキューティクルを開いてから、その後にコンディショナーやトリートメントといったヘアケア剤を使うことでヘアケア成分が髪の毛に浸透しやすくなります。

ノンシリコンシャンプーだけではコーティングがないため、洗い上がりはとてもキシキシになってしまいますが、そこにコンディショナーやトリートメントを使用することに意味がありますから、併用することが絶対です。

なるべくなら、ノンシリコンシャンプーと同じメーカーの物を使うと効果的ですね。