全米が泣いた!古代人が作った石鹸の誕生秘話。

entryimages_sekken-mania_01

石鹸は今となっては一般的に普通に存在するものですが、石鹸はいつ生まれたのでしょうか。

石鹸はなんと古代からの歴史があり紀元前2000年以上前からの歴史があると言われています。
石鹸で有名なフランス・マルセイユでは石鹸が大量生産されるようになり、それが現代でも続いています。マルセイユ石鹸の人気は日本でも高く、自分で作ったりする方も多いのではないでしょうか。

日本に石鹸ははじめてやってきたのは安土桃山時代にスベイン人かポルトガル人によって伝えられたようです。日本で石鹸が製造されるようになったのは江戸時代のオランダ専門学者によって製造されました。

しかし当時は医薬品として扱われてたようです。なにかを洗ったりするためではなく消毒剤として使われるのが先だったのですね。

洗濯用石鹸として搭乗したのは明治時代だそうで、洗濯石鹸を作った会社が日本ではじめての石鹸会社でその後化粧石鹸も作られました。その会社の門下として石鹸事業を引き継いだのが有名な花王や資生堂だったのです。

今でも日本を代表する企業ですね。石鹸ももちろん製造し続けています。

このように日本の石鹸の歴史は古く、昔から人々が愛用してきたものなのです。

今では洗剤や専用ソープ、シャンプーなどさまざまなものが販売されていますが、元は石鹸から発想したものであり、石鹸がすべての中心にあるといっても過言ではないでしょう。

だからこそ今、石鹸が再注目され石鹸生活を取り入れてる方がとても増えています。