買ったけど肌に合わない石鹸を捨てずに再利用する方法

entryimages_2_sekken-mania_13

店頭や通販で素敵な石鹸を見つけて買ってみたけど「使ってみるとお肌に合わなかった・・・」「思ったよりも香りがきつかった・・・」なんてことありませんか?

そんな石鹸を捨てずに使う方法があります!

お部屋や玄関の芳香剤としても、インテリアとしても使える

香りは好きなのにお肌に合わない石鹸ってありますよね。特に筆者は気に入った石鹸を片っ端から購入してしまうので、合わない石鹸もたくさんあります。そんな時には、芳香剤として活用しています。

entryimages_middle_16

まるまま一個を芳香剤として使っても良いですし、何個かに切り分けてベランダや玄関付近に置くのも良いと思います。

また、周りの雑貨と組み合わせ次第では可愛いインテリアにもなるので特に玄関やトイレなどはオススメです。

香りが薄くなってきたなと感じたら一度水で泡立てたり、切れ目を入れると香りが復活します。

 クローゼットに少しだけ入れると洋服がほのかに香る

タンスやクローゼットにほんの少しだけ切った石鹸を入れておくと、洋服からかすかに石鹸の香りがしてとても良いです。端にそのまま置いても良いですが、洋服の上に石鹸を置くと汚れてしまうので不織布ネットや小さい巾着袋などに入れると良いです。

また、自然の素材でできた石鹸でしたら、肌に合わなくても洗濯石鹸や食器洗い石鹸としても使えます。