あれもこれも試したい!残った石けんを有効活用する方法

entryimages_sekken-mania_06

近年、質の良い・香りの良い固形石鹸がたくさん溢れています。

お財布にも身体にも優しいとして、固形石鹸が注目を集めています。ボディーシャンプーと違い、固形石鹸は良い香りがするものが多いですよね。形も可愛いものが多く、ついつい色々な商品を試してみたくなりますよね。

でも1人で使っていると固形石鹸を使い切るのに大体1ヵ月くらいかかるので、あまり多くの物を試すことができません。色々なメーカー、香り、素材・質などこだわりの石けんを使い倒したい!という方は、なるべく小さいサイズの物を買うのがもちろん一番ですが、余ってしまった石けんを有効に使うという方法もあります。

インテリアや芳香剤として

例えば部屋の片隅に置くだけで、部屋の中が石鹸のやさしい香りに包まれます。玄関に置いたり、トイレに置いたりしても良いでしょう。
芳香剤を置くのはちょっと…といった方はお気に入りの香りの石鹸をひとつ置くだけで心地よい香りのある生活を送ることができます。

トイレや玄関の消臭剤や芳香剤の独特の匂いがちょっと苦手という方でも、石鹸の自然なやさしい香りだったら大丈夫という方も多いのではないでしょうか。
石鹸は溶けてなくならない限りずっと香りが持続しますから、水気や湿気のないところにある石鹸はいつまでの香りを放ってくれます。
トイレの棚や玄関の棚、靴箱の中やタンスの中、クローゼットの中などに入れておくことでずっと香りが持続してくれますから芳香剤などのように無くなることもなく、ずっとやさしく香ってくれます。

香りがちょっとキツいといったときは、布に包んでみたり、巾着などに入れてみたり、薄い包み紙に包んで穴を開けたりと調節して置くと良いでしょう。

筆者は、クローゼットの中に入れてるのですが毎日石鹸の良い香りがして洗濯の柔軟剤の香りが必要ないほどです。ほんのり石鹸の香りがするのは、香水のように不快になるなんて人もいなくて誰にでも好まれる香りなのです。

アロマ石鹸なども同様なので、アロマ石鹸で好きな香りを布で包んでタンスの中に入れておくとほんのりと服がその香りになって幸せな気分になれます。女性は特にギフトなどで石鹸を貰う機会が多く、私のように余ってる人もいると思いますが是非タンスなどに入れて有効活用してみて下さい。一段ずつ別の石鹸を入れても面白いです!