添加物と聞くと化学化合物的なイメージがありますが実は・・・

 entryimages_sekken-mania_10

一般的に無添加と呼ばれるものや自然、純といったものが付く商品は安全といったイメージってありますよね。石鹸の場合はどうでしょうか。
石鹸は添加物が入っていない純石鹸無添加石鹸などがあります。最近はオーガニック石鹸やシャンプーというのもたくさん売られていますね。

純石鹸や無添加石鹸はどんなものに使っても安心といったイメージがあり、もちろんどんなものにも使えて間違いではないです。しかし、純石鹸ではないもの、添加物の入ってるものは添加物石鹸となり安全ではないという考え方は違います。

例えば、保湿効果があるハチミツ成分入りといった石鹸がありますよね。ハチミツは添加物ではなく自然のものですが、入ってることで添加物となります。
その他、香りの効果としてハーブが入ってる場合もありますがハーブも入っていることで添加物となります。添加物=化学化合物といった印象ですがそうではなく混ざってるものがあれば添加物といった表記になるということです。

こういった違いはわかりづらいですが、添加物が入ってるからといって一概に心配なものではないということです。
大切なのはなにが入ってるかというところなので、表記を確認してから購入したり使用すると良いのではないでしょうか。

よく石鹸に入ってる添加物は、ハーブやエッセンシャルオイル=香り付け、はちみつやグリセリン=保湿成分、着色料です。
着色料も天然素材で着色してるものや人工的な着色料までさまざまですので、表記を確認すると良いです。
石鹸の色が使用したものに色が付いてしまった!ということは相当なことがない限りありませんので安心して使ってください。