最高の酒米・山田錦。「獺祭」の酒粕で作った洗顔石鹸

entryimages_2_sekken-mania_22

「獺祭」という日本酒を聞いたことがある方は多いと思います。山口県の山奥の小さな酒蔵、「旭酒造」さんが作っているこの獺祭は現在、日本全国で大人気で酒屋に行っても売り切れが多く中々手に入らない貴重なお酒になっています。

そんな貴重な日本酒「獺祭」の中でも最高級品「二割三分」を作る酒粕でできた石鹸です。

entryimages_middle_2_10

今まで当ブログで紹介した石鹸とは、何やら一味違います。

まず、パッケージを空けた時の香りが全くしません。無香料なのかな…?とおそるおそる開けてみると、なんだか不思議な香り。

言葉で説明するのが難しいのですが、薬膳や漢方のような香りに近くムスクの香りとは全然違います。

 

原材料は驚きの2種類のみ!石けん素地と酒粕しか使っていません。

獺祭という日本酒を作るお米は「山田錦」と言って、現在日本最高の酒米と言われています。その最高級の山田錦のリッチで贅沢な酒粕をたっぷり使っているので美容業界からの注目も高いです。

泡立ちはそこまで良くありません。おそらく完全に天然成分のみだからでしょう。しかし、洗い上がりはとてもしっとりします。

entryimages_icon150_16 商品名 『獺祭』 手作り酒粕 石鹸
値段 1,050円 /65g 
送料 735円
成分 石けん素地、酒粕(山田錦)
購入ページ 購入はこちら
entryimages_middle_2_11

ん…?この柄は一体何でしょうか。猫のようなマークにも見えます。意味はよくわかりませんが、可愛げがあって好きです。正面から見ると綺麗な正方形ではなく少し形が乱れています。

それは完全に手作りである理由でもあるので、安心して使えるということです。

酒粕はお米が発酵したものなので、お肌にはとても優しいのでオススメです。

そして・・・!気になった方は是非日本酒も飲んでみて下さい。日本酒「獺祭」も、同時にオススメです!