石鹸の知識

水の硬度で違いがある石鹸の使用感

  石鹸の使用感は、水の影響を大きく受けます。 使用感とは特に泡立ちや洗浄力で、これは水に含まれるミネラル分(カルシウムやマグネシウム)の量で決まってきます。石鹸が水に溶けた状態では、成分がカルシウムやマグネシウムと結び…

誰でも作れる♪簡単手作り石鹸

石鹸を使用する方はその石鹸の成分にもこだわってる方が多いです。天然成分や無添加というところにこだわりを持っている方が多いのではないでしょうか。でもなかなか自分に合った石鹸が見つからなかったり、香りが好きじゃなかったりする…

石鹸と洗剤の違いを理解しよう

「石鹸は洗剤なのか?」このテーマは洗剤をどのように捉えるかによって変わってきます。 一般的に洗剤とは何でしょう?シャンプーのことを洗剤とは呼びませんし、ボディソープも洗剤とは呼びません。石鹸も体の汚れを落とす目的で使うも…

石鹸の歴史と贈り物としての需要

石鹸の歴史は古く、紀元前3000年頃には既に石鹸としての用途で使われていたそうです。 ソープ(Soap)という語源は、サポー(Sapo)の丘と呼ばれる場所で供物としての羊の肉を焼いているときに、肉の脂と灰が反応して石鹸の…

あなたは間違っているかもしれない?!正しい石鹸の使い方編

日常的に使っている石鹸でも、正しく使えている方は意外に少ないということをご存知でしょうか。 正しい石けんの使い方 しっかり泡立てる石鹸で洗浄する時、それが身体であろうと顔であろうと泡をしっかり作ってから洗うことがとても大…

石けんが作られるプロセス。鹸化法、中和法、エステル鹸化法の3種類をご紹介

石鹸の作り方には3種類あり、鹸化法(ホットプロセス、コールドプロセス)、中和法、エステル鹸化法と呼ばれる方法です。家庭でできる方法は鹸化法になりますが、他の方法についても説明しています。 鹸化法(ホットプロセス) 釜炊き…

石鹸の添加物と肌への刺激

石鹸の添加物の代表的なものには、保湿成分、香料、防腐剤、着色料などがあります。保湿成分はオイルの配合など、香料は植物由来のものが多く使われるようで、例えば花の香りのするオイルなどは保湿と香りの2つをカバーします。 防腐剤…

どうしてる?小さくなって泡立ちにくい石鹸

「石鹸は小さくなると泡立ちが悪くなる…。」そう感じたことのある多くの人は、手をこすり合わせてもなかなか泡立たないので、新しい石鹸を出す→また小さな石鹸ができるという繰り返しをしていないでしょうか? 石鹸が小さくなると泡立…

ちょっと難しい固形石鹸と液体石鹸の違い

石鹸には固形と液体があり、以前は石鹸と言えば固形しか見られませんでした。液体の石鹸はボトルに入れて詰め替えができるという利便性と泡立ちの良さ、同時に節水効果(固形では泡立たせるまで水を出す事が多い)があり、石鹸がカラスや…

石鹸アレルギーについて。原因と注意が必要な成分

一時期世間を騒がせたお茶石鹸で小麦アレルギーを発症してしまったニュース、衝撃を受けられた方も多いと思います。 どうして石鹸を使い続けることでアレルギーになってしまったのか、疑問に思った方も多いでしょう。 ここではその理由…

12345